商品陳列法

はじめに

商品陳列方法

沢山の取り扱い商品を前に、なにをどのように陳列したら売れるのか・・売り上げが伸びるのか・・と売り場作りに苦労している売り場担当者も多いと思います。

 

経済がなかなか上向かない中、商品を販売していくには、もちろん店舗や商品の内容は重要ですが、それ以上の工夫をすることが店頭販売においての課題となっています。

 

 

プロの販売スタッフになるためには、商品陳列の技術も重要な条件になります。しかし、陳列のノウハウを身に付けたくとも、なかなか参考になるものが無いのも現実です。店舗の規模や業種によって陳列方法は様々で、『これがベスト』とはなかなか言えないが商品陳列の難しいところです。

 

当サイトでは、さまざまなケースを上げながら、陳列のノウハウを紹介をしていき、少しでも売り場担当者様のお役に立てればと思います。

商品陳列とは

商品陳列には2つの側面があります。1つは従来からいわれている、販売促進技術としての側面です。売上を伸ばしていくには、今後もこのことが重要な要素になることは言うまでもありません。

 

きちんとした商品陳列技術があれば、お金をかけなくても売り場を改善でき、販促効果が高まります。

 

もう1つの側面は、お客様に満足を提供することです。商品陳列はお客様が買い物をしやすくするための気配りでもあります。

 

この気配りが売り場の随所に配置されていれば、お客様の売り場に対する印象が良いものになり、ひいては商品購入に結び付くのです。

 

これがいわゆる『顧客満足』です。『顧客満足』を実現するにはいろいろな方法がありますが、売り場ではお客様への気配りのある商品陳列の実践が大きなポイントになってきます。

 

 

『商品陳列は、見やすく、選びやすく、手に取りやすいが基本です。』

 

当サイトでは

 

「お客様の注意を引く目立つ陳列」

 

「興味が湧いてくる見やすい陳列」

 

「気分がワクワクしてくる見やすい陳列」

 

「思わず欲しくなる手に取りやすい陳列」

 

「お客様が満足する買いやすい陳列」

 

を具体的に紹介していきます。

 

売り場はそれぞれのケースによって作り方が違ってきますが、可能な限りの有効な商品陳列の方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。





スポンサードリンク



「商品陳列法パーフェクトガイド」TOPへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク